2011年06月05日

「奇跡」試写会

先日、「奇跡」を試写会で鑑賞してきました♪

Kiseki
小学生の兄弟、航一と龍之介は、両親の離婚で、鹿児島と福岡で暮していた。新しい環境にすぐに溶け込んだ弟・龍之介と違い、鹿児島に移り住んだ兄・航一は、現実を受け入れられず、憤る気持ちを持て余していた。ある日、航一は、新しく開通する九州新幹線、「つばめ」と「さくら」の一番列車がすれ違う瞬間を見ると奇跡が起こるという噂を聞く。もう一度、家族で暮したい航一は、弟と友達を誘い“奇跡”を起こす計画を立てる。

ハッキリ言って、あらすじも何も知らず、何の期待もせずに観に行ったけど、観終わった後はすごくイイものみせて貰った〜!っていう感想。笑いもあり、ウルっとするトコロもあり、ココロにじんわりとくる素敵な作品でした☆

主演の小学生漫才コンビ“まえだまえだ”を始め、豪華な俳優陣の大人たちを脇役としてしまう、この映画の主人公は子供たちです。

印象的だったのは、演技とは思えないくらい自然な感じで自分たちの夢について会話する子供たちのシーン。熊本行きの旅費を子供たちなりに苦労して捻出するシーン。あとアリバイ作戦(笑)。鹿児島名物”かるかん”の味にまつわる、おじいちゃんと孫との会話。

大人たちが思う以上に、子供たちはしっかりしているし、ちゃんと考えてるんだよねぇ。。。なんて思ってしまいました。舞台は鹿児島、熊本、福岡なので、見たことある風景とか番組名(知る人ぞ知る!?)とかも出てきて、九州人にはより楽しめるのではないかと思います。

因みに、女優を目指している恵美役で、モックンの娘、内田伽羅ちゃんも出ています。希林さんも出演されてるからおばあちゃんと孫の共演ですね♪ この記事で予想していた通り、女優の道を進むのかな!?

たぶん、試写会で観なかったらスルーしていたかもしれない!老若男女、感じるものがあると思う。観る価値アリです☆

posted by poyan415 at 16:33| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
MoMAオンラインストアジャパン

センプレ

Copyright(C) 2004-2007 poyan All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。