2011年09月04日

宝塚「ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び」観劇☆

あっという間にもう9月・・・早すぎ!!! 今年もあと残り。。。って考えるのやめよ(^^; まだ日中は蒸し暑かったりしますが、朝晩はだいぶ空気も涼しくなって秋の訪れを感じ始めています。鈴虫も鳴いてますしね^^

もう半月ほど前になりますが、博多座の宝塚観劇に行ってきました〜☆ 姉の知り合いの方からご招待ペチケットを譲っていただきまして(嬉)。博多座での観劇も、宝塚を観るのも初めてだったのでかなりテンション上がりまくりでした⤴

宝塚歌劇星組公演の「ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び」

Takarazuka
第一部のミュージカル・ショー「ノバ・ボサ・ノバ―盗まれたカルナバル―」は40年も前に初演され、その後も数回再演された名作のショー。
リオデジャネイロが舞台ということもあって、最初から華やかな衣装に包まれたタカラジェンヌたちの登場に「おお!これが宝塚なのか!」と素直に思えました(笑)。

2階席の前方ではあったけど、顔の細かな所まではオペラグラスなしには分かりづらい所があったので、特に男役の方は誰が主役でそれ以外の役なのかが、ストーリーが分かってくるまでには見分けがつかない(笑)!宝塚ファンの方たちは、ジェンヌたちの名前から配役まで分かってるんだろうけど。

ミュージカル・ショーというだけあって、歌と踊りのまさにザ・ショー!という感じで、歌声と踊りの素晴らしさ、衣装の華やかさ、きらびやかさに圧倒されっぱなし。これでもか!ってくらい、衣装がハデで(正直、途中まであんまり内容が分からなかったんだけど^^;)、その華やかさと美しさに引き込まれて目が離せなかったです!

主役のソール役の柚希礼音さんが、これまた超かっこいい!!!素顔みたらこれまた超きれいでかっこよくてファンになりそう(ハート)。きれいな女の人が男装すると無敵ですね。
それに対し、娘役の夢咲ねねさんが、これまた超美しくて!!!宝塚にあこがれて入団するお嬢さんたちが後を絶たない理由が分かった気がします。

そして、約30分の休憩。売店では食べ物やおみやげ品、宝塚グッズなどかなり豊富な品揃えで飽きません。ラッグルッピのパンも売ってあったので、思わず買い!なかなか買えないのでラッキーでした☆

そして第二部のロマンティック・ミュージカル「めぐり会いは再び」
オルゴン伯爵は娘シルヴィアに、5人の求婚者の中から一人を選び、結婚するように言う。シルヴィアは抵抗するが、召使いのリゼットと入れ替わり、変装して相手に近付き、相手の人柄を認めたら結婚するという条件を出す。どの貴公子も気に入らないシルヴィアが見初めたのは、求婚者の一人であるドラントの召使いブルギニョン。ブルギニョンは気位の高いシルヴィアに振り回されながらも惹かれていくが、実はブルギニョンも、シルヴィアと同じ理由で召使いと入れ替わったドラントだった…。

相関図 →

こちらはセリフも一人一人あって、ミュージカルというよりもロマンティック・コメディという感じで、すごく楽しめました☆ 笑いもたくさんおきてましたね(笑)。
召使い役のリゼットとブルギニョンの二人の立ち振る舞いとか絡みが結構面白かったー。オルゴン伯爵も好きだったな。あとシルヴィアの兄マリオがアルフィーの高見沢さんに見えたのはワタシだけ?ラストはすべてハッピーエンドなトコも安心して観れて良かった。

Takarazuka__4
中でも、ドラント役の柚希礼音さんがシルヴィア(夢咲ねね)に自分の気持ちを歌うシーンに感動しちゃったよぉぉ。曲は平井賢さんの「LIFE is ...」 アカペラでフルコーラス。歌のうまさもだけど、なんか歌に魂こもってるっていうか。。。ウルウルしそうになったもんね。これ聞いただけでも観た甲斐あったってもんだわ。

フィナーレは恒例のラインダンスも見れたし、主演お二人のくじゃくの羽みたいな煌びやかな衣装も見れたし、美しいものを観れて目と心の保養ができ、初観劇にして宝塚を大満喫できました☆☆
宝塚にハマっちゃう人の気持ちが分かった気がしましたよー。また機会があったら是非見てみたいです!

posted by poyan415 at 16:05| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | fun!fun! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
MoMAオンラインストアジャパン

センプレ

Copyright(C) 2004-2007 poyan All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。