2004年08月24日

極楽から地獄へ@大分旅行 part3

別府2日目。目覚めてから朝食前にまたまた温泉へ。夜に入るのとはまた違って、朝の温泉は格別!寝ぼけ眼も一気に開くというものです。着替えを済ませて朝食。普段はあまり朝からは食べれず、パン一切れにコーヒーくらいで済ませるんですが、お宿に泊まると何故か食欲モリモリになるんですよね。シャケ、明太子、冷奴、温泉卵、煮物、鯛の漬け、ご飯、シジミの味噌汁・・・とシンプルな和食でしたが、量もちょ〜どいいくらいでした。美味しかったです♪

wa-teisyoku.jpg

チェックアウトして、お宿の前で記念撮影。友人の一人は実家に残してきたダンナさん&子供たちと合流。「地獄蒸しプリン」が食べたい!という要望が出たので、みんなで車で5分くらいの「海地獄」へ行きました。本当は8つの地獄を巡る「地獄めぐり」をしたかったのですが、時間があまりなかったので。別府の地獄へは、小学校の修学旅行以来、二度目の体験!やはり昔の印象とはまた違って(というか、昔すぎて記憶がかすんでます^^;)、面白かったです。
「海地獄」はその名の通り、地獄とは思えない海のような綺麗なマリンブルーをしています。うっかりすると水着を着て泳いでしまいそうです(ありえない)。でも、ほんと南国の海のようで綺麗でした。

umijigoku.jpg    jigoku_purin.jpg

一巡りして、ベンチで一休み。お約束の「地獄蒸しプリン」を食べました。温泉熱を利用したプリンですが、卵の味が濃厚でちょっとホロ苦のカラメルソースが美味しい〜〜♪昔オヤツで食べたような懐かしい手作りの味のプリンでした。
別府で温泉に入って極楽から地獄へと、何ともヘビーで楽しい同窓会でした!


posted by poyan415 at 20:47| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月23日

旅籠屋 精湶@大分旅行 part2

「旅籠屋 精湶」へ集合してお部屋にチェクイン!しばらくお部屋でくつろぎました。・・・しかし、外見は少〜し(強調)変わっても、中身はほんっと学生時代と変わらない私達。長年会っていなくても、会話が盛り上がる仲間がいて幸せもんです♪
しばらくおしゃべりを楽しんだ後、夕食前のお風呂♪大浴場に入りました。バラが浮かべてあり優雅な気分。無味無臭の単純泉ですが、すこ〜しだけトロッとしていて、気持ちのいいお湯でした。まさかココは水道水じゃないよねぇ〜、なんて言ってましたが(笑)。

お風呂の後は、旅館の楽しみの一つ、お食事です♪このお宿はお料理が美味しいということで、楽しみにしていましたよ〜。彩りや盛り付けが綺麗で、全部で10品以上はある和洋折衷のお料理でした。

★前菜、茶そば、刺身の盛り合わせ、サラダ、ビーフシチュー、天ぷら、海鮮鍋、ご飯、シジミの汁物、デザートetc

dinner.jpg


どれも美味しかったけど、さすがに全部は食べきれませんでしたぁ。。。もったいない(>_<) 

お食事してくつろいだ後は、また温泉へGo!
無料で家族風呂を2つ予約することができたので、制限時間1時間で2つのお風呂に入りました。
岩の露天風呂”紅の湯”と、離れにある半露天で岩のくりぬき風呂”弐の湯”

kurenai       ninoyu

さすがにみんな入るとやや狭く、やはり4〜5人で入るのがベストだと思われます(当たり前)。どちらのお風呂も雰囲気があって気持ちが良かったです。やっぱり温泉っていいですね♪日本人でよかった〜と思うひと時です。
実はこの旅行の2週間くらい前に、車で正面衝突の事故に遭い、ムチウチになっているかわいそうな友人がいたのですが(聞いた時はかなりびっくりしたけど、思ったよりひどくはなかったみたいです)、温泉に入って症状がだいぶよくなったと言ってました。温泉効果、バッチリです。
posted by poyan415 at 20:54| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月22日

貴船城@大分旅行 part1 

1泊2日で大分は別府へ行ってきました。今回の旅行は学生時代の友人7人の同窓会という名目の旅行。卒業してからも結構頻繁に会っている友人もいるのだけど、年が経つにつれ仕事の都合や結婚等で、今は福岡、大分、島根、東京、長野とそれぞれ点在している状態の私達。なので、今回のように7人全員が集まるというのは、なんと10年ぶり!別府に住んでいる友人がまだ10ヶ月の赤ちゃんをかかえているので、集合場所は別府という事になりました。
福岡からは私のR2ちゃんで2人の友人を乗せて別府へ一番のり。あと飛行機や電車で来る友人たちが別府入りするまでに、まずはお泊りするお宿「旅籠屋 精湶」へ。別府の地に降り立った瞬間、あの硫黄の臭いが〜!温泉だ〜♪待ち合わせまでに1時間くらい時間があったので、フロントの方に近くの観光地を聞いたところ「貴船城」というところがあり、白蛇様がいますよ〜とすすめてくれたので、白蛇見たさに行ってみました。

お宿から5分くらいで着けるのですが、天守閣の上部分だけのような3階建てのちょっと怪しいお城。300円の入場料を払って、説明してくれるおじさんが城内を案内してくれます。
いきなりホルマリン漬けの白蛇様登場〜!私達は小さい白蛇を想像していたのですが、なんと大蛇でビックリ!それは初代の白蛇様だそうで、人間でいうと100歳くらい生きていたそうな。現在はホルマリン漬けの状態で奉られていました。
それから3代目という全長3mの生きた大蛇様とご対面。説明を受けてから大蛇様に触れることができます。(というか触れさせられる?)おじさんが上からギュッっと押さえて、”気”を入れるように一声あげられます。その手で体の悪い部分を触ると治るそうです。特に悪いところはないのですが、お腹を押さえておきました。その感触は弾力があり、ヒンヤリしていらっしゃいました。
それからは自由に城内を見ていいのですが、その怪しさはココの記事を読んで頂けたらお分かりかと。。。なかなか面白いスポットを教えていただきました。
結構高台にあるので、見晴らしは最高でした!いい時は四国まで見えるとのこと。今回は晴れていたのですが、霞んでいたため残念ながら四国までは見えませんでしたが、別府湾など素晴らしい景色が展望できました。夜景が綺麗そうです。

kifunejou.jpg


posted by poyan415 at 20:30| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月01日

KASUKE山荘

一度は泊まってみたい素敵なお宿『KASUKE山荘』3000坪の林の中に180坪の広さで、しかもお部屋はたったの4部屋というなんとも贅沢極まりないお宿です。こんな所は1泊といわず、2,3泊してみたいものです。。。
あぁ、考えるだけでも幸せ〜♪

KASUKE

設計事務所はコチラ
他の建物も素敵です。
posted by poyan415 at 01:35| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
MoMAオンラインストアジャパン

センプレ

Copyright(C) 2004-2007 poyan All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。